ロータリーエンコーダ

カスタム設計
HOME  >  技術資料  >  スパー減速機

スパー減速機


スパー減速機とは?


スパー減速機
 
(1) 下板
(2) 小歯車
(3) 軸
(4) 大歯車
(5) 軸受
(6) 出力軸
スパー減速機
 

スパータイプの減速機は、歯車1つに対し1つの歯車を噛み合わせる機構になっております。
単純な構造である為設計の自由度が高くなり、薄型の箱状のものなども可能となります。また、歯車に角度をつけることで静音化なども可能となります。

 

シチズンマイクロのスパー減速機について

◆世界標準であるRB-35シリーズを中心として、大きさ、トルクなど、用途に応じて幅広い商品群から選定が可能です。

◆RB-35V シリーズは、『ロングライフ、連続運転可能』をコンセプトに開発され、ブラシレスモーターとの組合せも可能です。初段にヘリカルギヤを採用した静音化タイプのRB-35C、断続運転に最適なRB-35Pと、ラインナップを充実化しました。

◆トルクは小さいが薄型や静音設計が可能

◆効率:1段辺り 90%

◆入力と出力の位置:同一中心又は異中心

◆入力、出力の回転方向:段数により異なる。

 
機種(スパー減速機) 外径 定格トルク 減速比
RA-12R φ12 MAX 147mNm 1/7-1/208
RA-16R φ16 MAX 294mNm 1/10-1/1413
RB-35V φ37 MAX 196mNm 1/32-1/792
RB-35C φ37 MAX 490mNm 1/6-1/684
RB-35P φ37 MAX 588mNm 1/6-1/3000
RB-38 φ42 MAX 196mNm 1/11-1/270
RTJ-100 36×66 MAX 785mNm 1/151-1/908
RTJ-900 60×100 MAX 981mNm 1/24-1/706

スパー減速機


 
 
お問い合わせ
 

シチズンマイクロ株式会社

〒350-1306

埼玉県狭山市富士見
2丁目15番1号


motor@micro.citizen.co.jp
 
Contact Form

Catalog Download