ロータリーエンコーダ

カスタム設計
HOME  >  技術資料  >  PWM制御

PWM制御


PWM制御について


PWM(Pulse Width Modulation パルス幅変調)制御とはパルス駆動の一種です。


トランジスタを使用する方式(スイッチング駆動もしくはチョッパー駆動といわれる制御方法)もありますが、モーターにはPWM方式を用いるのが一般的になっております。


印加電圧のONとOFFの割合をデューティ比といい、その比率だけモータに印加する平均電圧を可変させることで速度制御を行います。


例えばデューティ比が50%(ONとOFFの割合が同じ)であれば、速度が半分になるということになります。


またデューティ比が50%(a)と80%(b)であれば、デューティ比の高い(b)の方が駆動エネルギーが高い、つまり速度が速いということになります。


PWM制御図1 PWM制御図2
  PWM制御時のT-N特性


 
 
お問い合わせ
 

シチズンマイクロ株式会社

〒350-1251

埼玉県日高市高麗本郷
712番地


motor@micro.citizen.co.jp
 
Contact Form

Catalog Download